記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

クラウドサービス

ニフティクラウド for KOPTコントロールパネルへのログイン
» 操作方法については富士通クラウドテクノロジーズ株式会社のサイトへ

概要 詳細 機能 料金 開発者さま向け ご利用までの流れ よくあるご質問

品質保証制度(SLA)について

弊社は、『ニフティクラウド for KOPT』におけるサービス品質の水準を下記の通り定め、これを保証します。

サービス品質の水準

月間のサーバ稼働率が、99.99%以上であること。

稼働率の考え方

月間稼働率=(月間総稼動時間−累計障害時間)÷月間総稼動時間×100

  • (注1)ネットワーク環境やディスクの動作異常については、それによって影響を受けたサーバの台数を基準に、サーバ稼働率として換算します。
  • (注2)3分未満は切り捨てとします。
  • (注3)niftyID単位での算出となります。

●計算式の各項目について

月間総稼働時間[時]

コントロールパネルの「ご利用料金詳細」に表示される値を基準にします。(月末締め)
月額課金の場合:総サーバ台数×720時間
従量課金の場合:サーバの起動時間 + サーバの停止時間

累計障害時間[時]

累計障害時間=3分以上継続して以下の各号のいずれかに定める状態(以下、総称して「障害」といいます。)にあったと、弊社が確認した時間

  • (1)お客さまが利用中のサーバ※1に電源が入らない。
  • (2)お客さまが利用中のサーバに全くアクセスできない※2状態。
  • (3)お客さまが利用中のサーバに接続されているディスク※3に全くアクセスできない状態。


  • (※1)サーバとは、Type-eとType-h、DRサービスにおける計画リカバリ後のレプリカを指します。
  • (※2)「アクセスできない」とは、上記サーバーにネットワーク経由でアクセスできない状態を指します。
  • (※3)ディスクとは、上記サーバーのローカルディスクおよび接続されている増設ディスクを対象とします。

●適用の除外(抜粋)

  • サーバのパフォーマンスに関する場合
  • メンテナンスに伴うサーバの停止の場合
  • 本サービスの機能としての中断(フェイルオーバーにともなうサーバの再起動やOracle環境における高速リカバリーフローに伴うサーバの再起動など)
  • サーバやディスクのファイルシステムの問題に起因する場合
  • サーバにインストールされているドライバーまたはOS上の不具合による場合
  • 仮想化ソフトウエアの不具合による場合
  • コントロールパネルの不具合による場合

保証する品質を下回った場合の対応

月間のサーバ稼働率が、99.99%に満たなかった場合、弊社は、当月分の利用料金の10%に相当する金額を、翌々月以降減額いたします。減額にあたりましては、下記の用紙に必要事項を記入し、必要書類を添付の上、弊社SLA窓口に郵送にて申請をお願いいたします。

» 『ニフティクラウド for KOPT』減額申請書【PDF:233KB】

●必要添付書類(以下の情報について、該当時間が含まれるように取得/印刷をお願いします)

Cent OS/Red Hat Enterprise Linux サーバについて

  • /var/log/messages ログ。他に障害と分かるようなデータをお持ちの場合、あわせてご郵送ください(任意です)
  • /etc/sysconfig/network ファイル
  • ifconfigのコマンド実行結果

Windows Server 2008 R2 サーバについて

  • イベントログのうち、システムログおよびアプリケーションログ
  • 「ネットワークと共有センター」のスクリーンショット

減額申請についてご提出いただいた情報につきましては、調査および減額処理に必要な範囲でのみ利用いたします。なお、ご提出いただいた書類は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。

●申請書類の送付先

〒530-8790
大阪市北区中之島3丁目3番23号 中之島ダイビル
株式会社 ケイ・オプティコム 法人・公共事業推進本部
ビジネス光インフォメーションデスク 『ニフティクラウド for KOPT』 窓口

【ご注意】

  • ・減額の申請は、対象となる月の翌月15日(15日消印有効)までに行ってください。期日を過ぎてからの申請は、お受けすることができませんのでご了承ください。表示価格はすべて税込価格です。
  • ・申請いただいた内容を、弊社にて確認できない場合には、減額を行うことができませんのでご了承ください。
  • ・電子媒体での受付は行っておりません。


品質保証制度の詳細

品質保証制度(SLA)をご利用いただく際には、必ずお読みください。

●稼動率に基づく対応

  1. 弊社の責に帰すべき事由により、ユーザー(1つのIDを1人のユーザーとみなし、以下同じとします。)が利用中のサーバの月間稼働率が99.99%に満たなかった場合、弊社は、当該ユーザーの当月分の利用料金の10%に相当する金額を当該ユーザーに減額するものとします。なお、月間稼働率とは、当該ユーザーが当月中に利用した全サーバにつき、以下の数式により得られる値をいいます。

    月間稼働率=(月間総稼動時間−累計障害時間)÷月間総稼動時間×100

    ・月間総稼動時間
    ユーザーが当月中に月額課金プランで利用したサーバの台数×720時間+ユーザーが当月中に従量課金プランで利用したサーバの実質稼働時間(コントロールパネルに表示される時間)

    ・累計障害時間
    3分以上継続して以下の各号のいずれかに定める状態(以下、総称して「障害」といいます。)にあったと、弊社が確認した時間

    • (1)ユーザーが利用中のサーバに電源が入らない状態。
    • (2)ユーザーが利用中のサーバに全くアクセスできない状態。
    • (3)ユーザーが利用中のサーバに接続されているディスクに全くアクセスできない状態。
  2. ユーザーは、自己が利用するサーバに障害が発生したと考える場合、弊社所定の申請書【PDF:233KB】により、当該障害が発生した月の翌月15日までにその事実を弊社に申告するものとします。弊社は、その申告に基づき調査した結果、月間稼働率が99.99%未満であり、かつ、その状態が弊社の責に帰すべき事由に起因すると判断した場合のみ、前項の減額を行うものとします。

  3. 弊社は、障害が発生した月の翌々月以降の利用料金の請求額から控除することにより第1項の減額を行うものとします。

  4. 第1項および第2項に定める要件を満たす場合であっても、障害が以下の各号のいずれかに定める事由により生じたとき、弊社は、第1項の減額を行わないものとします。

    • (1)定期保守に伴う本サービスの中断。弊社は、中断する2週間前までに本サービスのホームページ上にその旨を表示するものとし、それにより、弊社がユーザーへの通知をしたものとみなします。
    • (2)本サービスの保守を緊急に行う場合。
    • (3)本サービスの機能としての中断(フェイルオーバーにともなうサーバの再起動やOracle環境における高速リカバリーフローに伴うサーバの再起動など)。
    • (4)ユーザーが本利用規約に違反したことによる場合。
    • (5)ドライバーまたはOS上の不具合による場合。
    • (6)ユーザー環境、インターネット環境の不具合またはDNSサーバーの不具合によるドメインの停止など、本サービスに用いる設備以外の不具合による場合。
    • (7)仮想化ソフトウェアの不具合による場合。
    • (8)VPN通信またはセキュアネットワーク機能の不具合による場合。
    • (9)オートスケール機能の不具合による場合。
    • (10)コントロールパネルの不具合による場合。
    • (11)第三者からの攻撃、妨害による場合。
    • (12)原因の如何を問わず、障害が継続した時間をユーザーが測定できない場合。
    • (13)火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合。
    • (14)地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合。
    • (15)戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合。
    • (16)その他運用上あるいは技術上の理由により、弊社が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合。

以上

「概要」トップに戻る

ニフティクラウド for KOPTを申し込む

ニフティクラウド for KOPTコントロールパネル ログイン

サービス内容に関する
ご相談・お問い合わせ

通話無料のフリーコール0120-944-345 受付時間:9:00〜17:00(土日、祝日、12/29〜1/3、5/1除く)