記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

お客さま導入事例 Case Study

株式会社神戸製鋼所 様
導入サービス:イーサ専用線

過去の経験を生かし、将来を見据える
高セキュリティの『イーサ専用線』

企業の事業活動とコンピューターが密接な関係となっている現代社会では、自然災害などさまざまな要因で発生するコンピュータートラブルは、事業活動に甚大な損失をもたらす。
神戸市に本社を置く神戸製鋼所は、阪神・淡路大震災での経験を教訓にリアルタイムでデータを相互バックアップするというセキュリティ体制を構築した。
そのシステムを支えるために選ばれたのが、ケイ・オプティコムが提供する『イーサ専用線』である。



サービス導入レポート

  • 業界初!遠隔地間のデータのリアルタイム・バックアップ

    神戸製鋼所は、鉄鋼をはじめ、アルミ・銅、機械エンジニアリングなど幅広い事業を手掛けている。多数の製造設備を有するため、コンピュータートラブルによる業務停止は絶対に避けなければならない。しかしながら、阪神・淡路大震災では情報システムの建物が被災し、情報機器の一部が損壊した。幸い、震災1週間後にシステムは無事復旧したものの、復旧時間の短縮や、危機管理体制面で課題を残した。これを教訓に震災から10年という節目の2005年、ホストコンピューターに集積される重要データの保管方法を一新することに決めた。
    神戸製鋼所の主力データセンターは灘浜と加古川の2カ所で運用されており、その間の距離は約40km。この遠隔地同士のデータのリアルタイム・バックアップを実現したのがケイ・オプティコムの「イーサ専用線」だった。このバックアップシステムは鉄鋼業界で初の試みである。
    ケイ・オプティコムを採用した理由について、神戸製鋼所 経営企画部 IT企画室 室長の林高弘氏は、「10年前と比べ、あらゆる業務分野でコンピューターが使われ、かつ、その処理もかなり高速化されています。万一を考えると従来のバックアップ手法では不安があり、遠隔地間のデータをリアルタイムにバックアップするシステムがどうしても必要だったんです。この地域において、1Gpbsクラスの回線を提供可能なキャリアは、ケイ・オプティコムと他社の2社程度に絞り込まれる。その中で最もコストパフォーマンスの優れたキャリアとして、ケイ・オプティコムを選んだ。現在、パフォーマンステスト中ではありますが、予想通りの高品質回線に満足している」と、語る。

    左から時計回りに、株式会社ケイ・オプティコムの井上兼一、西田保蔵、株式会社神戸製鋼所の林高弘氏、田口雅昭氏、コベルコシステム株式会社の竹中秀樹氏、神原一善氏


  • 低コスト・高セキュリティのサービスにより煩雑な作業から開放

    これまでのバックアップ体制は、データをテープにおとし、灘浜、加古川の相互にトラックで運ぶという方法だった。ところが両センター間を1Gbpsの高速専用回線で結ぶことで40kmの距離を意識することなく、高品質・高セキュリティな環境が得られるわけだ。時間のかかる煩雑な作業、高いコストから開放されたのは言うまでもない。
    ケイ・オプティコム 通信サービス営業本部の井上兼一は、「これまでのご苦労をお伺いし、どうしてもお力になりたかった。ハイレベルな耐障害性を持ち、パフォーマンスに優れたサービスをご提案できて本当によかったと思っています」と、笑顔で語った。

  • 信頼性の高いネットワークが顧客との信頼関係を築く

    半年間のテストの後、2006年からは本格的に運用を開始する予定だ。
    継続的なトラフィック管理、24時間365日体制のネットワーク監視・運用などのサポート体制が、テスト運用中にも確実に感じられ喜びの声が出ている。
    システムを管理する、コベルコシステム サービス事業部 竹中英樹氏は、「今回、導入から運用まで携わり、期待していた以上のパフォーマンスを実感しています。回線が切れてしまうと夜中でも電話がかかってくる立場にいた私としては、安定したシステムを導入していただいてとても嬉しく思っています」と、微笑んだ。
    林室長は、「各方面に素材を提供している当社にとって大事なことは、お客さまにご迷惑を掛けないこと。データ管理の安定は、災害トラブルなどによる製品供給が止まらないようにする大きな手段でもあります。どんな場合にもお客さまを第一に考える私どもに必要なサービスを導入いただいたことが最大の喜び。引き続きケイ・オプティコムさんには多くの提案をしていただきたいですね」と、熱い言葉を寄せてくれた。

    横浜データセンターで回線試験を行うコベルコシステム株式会社の栃尾克彦氏(左)、吉田智徳(右)


  • ネットワーク構成

    ■主要データのバックアップ体制を大幅に強化した新たなネットワーク構成

    センター間を1Gbpsの回線で接続。相互にバックアップすることで、災害発生の1秒前の状態まで戻れる。


株式会社神戸製鋼所 様 導入サービス

企業ネットワークで利用されるLAN機器と親和性の高いイーサネット方式による広帯域確保型の高速イーサネットサービス。レイヤー2サービスがマルチプロトコル環境を実現します。

  • イーサ専用線


お客さまプロフィール

株式会社 神戸製鋼所

  • 神戸本社:
    神戸市中央区脇浜町2-10-26(神鋼ビル)
    TEL.078-261-5111
  • 東京本社:
    東京都品川区北品川5-9-12
    TEL.03-5739-6000
    http://www.kobelco.co.jp/

「鉄鋼・溶接」「アルミ・銅」「都市環境・エジニアリング」「機械」「建設機械」「情報エレクトロニクス」「不動産」「各種サービス」などの広汎な分野で技術、ノウハウを駆使して多彩な事業活動を展開している神戸製鋼および神戸製鋼グループ(子会社194社および関連会社70社)。
お客さまにより大きな満足を提供するとともに、環境先進企業を目指し、経済の発展、社会との共生や環境との調和など、さまざまな課題に取り組んでいる。
2005年9月1日には、創立100周年を迎えた。幅広い分野における技術力、研究開発力には各方面から厚い信頼が寄せられている。
国内のみならず、世界中から愛着を持たれるブランドとなった〈KOBELCO〉は、神戸製鋼の統一営業商標。


お客さまの声

本格運用に向けて、
社内の評価も上々です。

株式会社神戸製鋼所
経営企画部 IT企画室 室長
林 高弘 氏

お客さまへの信頼につながる災害対策の強化は当社の喫緊の課題でした。より良いネットワークを費用対効果も高く導入できて、大変嬉しく思っています。テスト運用の段階から社内的にも高い評価を得ており、これを機に他のサービスも視野に入れケイ・オプティコムともっと広域にお付き合いさせていただきたいと考えています。



初回掲載:2005年11月(更新:2009年6月)

導入事例TOP | 目的・課題から探す | 業種から探す | 導入サービスから探す


  • ページの先頭へ

サービス内容に関する
ご相談・お問い合わせ

通話無料のフリーコール0120-944-345 受付時間:9:00〜17:00(土日、祝日、12/29〜1/3、5/1除く)

お問い合わせ・資料請求

ユーザーサポート