記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

お客さま導入事例 Case Study

株式会社エフエム京都株式会社エフエム京都 様
導入サービス:インターネットハイグレードインターネットオフィス光電話オフィス
          モバイルIPソリューション

ラジオ放送の遠隔監視・制御システムを支える
『インターネットハイグレード』

京都を中心に、リスナー数約1700万人。
α-STATIONの愛称で多くの人たちに親しまれるエフエム京都は、遠隔地にある中継局での放送状況を監視・制御するシステムを導入した。リアルタイムな状況確認を支える通信回線は、信頼度の高い『インターネットハイグレード』だ。



サービス導入レポート

  • エリア圏内で圧倒的なシェア

    京都を中心に、滋賀と大阪のほぼ全域、さらに奈良、兵庫、和歌山までカバーするエフエム京都。関西では3番目の独立系FM局として開局したα-STATIONには、多くのファンがついている。メインターゲットの30代向けに調整されたフラットな音質は、とても聞きやすいと好評。心地よさをキーワードに組み立てられたプログラムや選曲がリスナーの心をがっちり掴み、京都・滋賀エリア内でのシェアは6割超と圧倒的な強さを誇る。
    2006年の本社移転時には、『インターネットオフィス』、『光電話オフィス』、『モバイルIPソリューション』を一括導入。ネットワーク関連の基本システムを業務に合わせて最適化し、ストレスなく仕事を進められる環境を整備してきた。中でも『光電話オフィス』と『モバイルIPソリューション』の活用は、コミュニケーションの効率アップとコスト削減に大きく貢献した。今回は通信環境のさらなる進化を背景に、放送事業そのものをバックアップする新たなシステム導入に踏み切った。

    社内打ち合わせなど離席が多い職場だからこそ、内線のコードレス化による利便性向上は大きい


  • 中継局の停波を防ぐ遠隔監視・制御システム

    エフエム京都の送信所は、洛西ニュータウンにほど近い小塩山にある。ほかにも京都府内4カ所に中継局が設置され、府下全域をカバーしている。ラジオ局は放送時間内に放送が止まることは絶対に許されない。開局以来の約20年間で、放送が止まったことはわずかに2回だが、それでも放送事故となる。エフエム京都では事故を防ぐために常時、放送状況のモニター監視を行ってきた。
    「モニターは、委託監視員さんにお願いしています。舞鶴中継局なら、エリア内にある通信工事業者さんと契約を結び、一日中ラジオをつけっ放しにしてもらいます。万一放送が止まれば、ただちに電話連絡が入ります」と、従来の体制を、株式会社エフエム京都経営管理部情報技術グループ長の分銅衡司氏は語る。
    マンパワーに頼ったモニタリングゆえ、深夜などは対応できない。早朝や夜間に放送が止まると、停波警報機が作動し、アラーム音で知らせるが、委託監視員が気付かなければ、連絡がいただけない場合もある。
    「何とか24時間365日体制で、リアルタイムに監視できないか。検討を重ねた結果、インターネット経由で遠隔地の中継局の放送状況を、Web画面・カメラ・音声によって監視し、必要に応じて送信機の遠隔制御も行えるシステムを導入しました。これならブロードバンド環境さえあれば、いつでもどこからでも放送状況を把握できるので、安心感が違います」と、分銅氏はシステム導入の成果を語る。

    いつでもどこからでも放送状況をパソコンから確認できる
動画と音声を用いて24時間365日リアルタイムに監視している


  • 信頼性を担保する通信回線『インターネットハイグレード』

    中継局から送られてくるデータは3種類ある。まず送信機の出力状況や電力などの計測データ。データは約10秒ごとに更新され、ログデータも全て保存されている。加えて中継局内に設置されたカメラを使えば、内部の状況を画像で確認できる。もちろん中継局から放送されている音も確認可能だ。
    放送状況を視覚と聴覚でリアルタイムに監視するシステムは、常時、大容量データを送信してくる。放送に停波が認められないのであれば、その状況を逐次伝える通信回線も止まることは許されない。
    「そこでお奨めしたのが、『インターネットハイグレード』です。エフエム京都様には、コストパフォーマンスが高く、必要時に帯域調整が可能なライトメニューを導入していただきました」と、ケイ・オプティコム法人・公共事業推進本部の家路祥夫は語る。
    今日もα-STATIONは、爽やかな音楽とトークをリスナーに送り届けてくれている。快適な放送を陰で支えているのは、ケイ・オプティコムの確かな通信ネットワークだ。

    写真左から、エフエム京都の分銅衡司氏と打ち合わせをする家路祥夫


  • ネットワーク構成


株式会社エフエム京都 様 導入サービス

さまざまなサポートでお客さまの業務をサポート。
関西一円に展開する光ファイバーネットワークは、幅広い圧倒的なサービスエリアを誇ります。

  • インターネットオフィス
  • インターネットハイグレード
  • 光電話オフィス
  • モバイルIPソリューション


お客さまプロフィール

株式会社エフエム京都

京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620
COCON KARASUMA8F
TEL. 075-344-0894(代表)
http://www.fm-kyoto.jp/
周波数 89.4MHz

1991年7月、全国で36番目の民放FM局としてスタート。α-STATIONの愛称で地元の人たちに親しまれている。目指すのは「心地よさ、快適さを発信する一流のFM局」。メインターゲットを「おしゃれな感性」と「遊び心」あふれる時代に敏感な人たちに設定し、大人のライフスタイルにもフィットする番組を構成。大人向けにファインチューニングされた快適な音楽と、ニュース、情報、最新の話題をαスタイルにブレンドし、タイムリーに伝える放送が、1700万人にも上るエリアカバレッジの秘密だ。


お客さまの声

株式会社エフエム京都

経営管理部

情報技術グループ グループ長

分銅 衡司 氏

人為的ミスの可能性がなくなり、
気分的にずいぶん楽になりました

株式会社エフエム京都
経営管理部
情報技術グループ グループ長
分銅 衡司 氏

幸いこれまでにはなかったのですが、委託監視員さんがお留守の時などは、放送が止まっても分からないリスクがありました。そのリスクを思うと、放送事業に携わる人間としては、正直なところ休日でも心が安まりません。ところが、このシステムなら、例えば土日でも私の自宅から放送状況を監視できる。本来は休みなので気持ち的にはちょっと嫌なんですけれど(笑)、安心感は大きいですね。コストよりもこの安心感を優先し、絶対に止まらない回線を導入しました。何かあったらすぐに対応できる。放送事業者としての責任を全うするためには、信頼度の高い回線とシステムが必要だと思います。



初回掲載:2006年7月(更新:2010年10月)

導入事例TOP | 目的・課題から探す | 業種から探す | 導入サービスから探す


  • ページの先頭へ

サービス内容に関する
ご相談・お問い合わせ

通話無料のフリーコール0120-944-345 受付時間:9:00〜17:00(土日、祝日、12/29〜1/3、5/1除く)

お問い合わせ・資料請求

ユーザーサポート