記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

お客さま導入事例 Case Study

メディカルアイ株式会社メディカルアイ株式会社 様
導入サービス:医療クラウド

メディカルアイ株式会社

高齢化社会で求められる
質の高い医療を支える『医療クラウド』

業務効率化のため、クリニックなどの医療機関に向けて各種サービスを提供するメディカルアイ株式会社。優れたコストパフォーマンスを評価され、続々と導入が進んでいる電子カルテサービス『医歩(ippo)』。
そのバックヤードはSaaSクラウド基盤サービス『医療クラウド』が支えている。



サービス導入レポート

  • 医療クリニックを支援するサービス

    本格化する高齢化社会に向けて、今何より求められているのが、質の高い医療の維持と費用の最適化の両立だ。そのために何をすればよいのか。メディカルアイ株式会社は、こうした問題意識の元に立ち上げられた医療系のベンチャー企業である。
    メディカルアイが提供するサービスは、次の三つ。主にクリニックなどの小規模医療機関向けの電子カルテサービス『医歩(ippo)』、クリニックの経営支援サービス『診療会議』、そして起業前は医療系コンサルタントとして活躍してきた山口典枝代表取締役のノウハウを活かした官公庁や地方自治体を対象とするコンサルティングサービスである。
    中でも力を入れているのが電子カルテサービス『医歩(ippo)』。ただし、その目的は単にクリニックへの電子カルテ導入を進めることではない。メディカルアイのビジョンは、電子カルテをインフラとした医療情報のプラットフォーム作りにある。

    メディカルアイは電子カルテの導入だけでなく、それをインフラとした医療情報のプラットフォーム作りを推進している


  • 高齢化社会での医療の質を高め、効率化を図る情報プラットフォーム

    「一人の患者が、複数のクリニックや病院で診療を受ける時代です。患者が高齢になれば、医師が往診したり、在宅で介護を受けることもあるでしょう。その患者の情報が、クリニックや病院、自治体などで個別に保管されていると、最適なサポートを受けられない恐れがあります」と、山口氏は現状の問題点を指摘する。
    では、どうすればより良い医療を受けることができるのだろうか。答えは、患者の医療情報を、その方に関わるすべての医療関係者で共有することである。そのためには、関係者みんなで使える情報プラットフォームが必要だ。とはいえデリケートな個人情報を扱う医療系システムには、厳格な規定が定められている。しかもプラットフォームビジネスを展開するとなると、通信回線やデータセンターなどのインフラも必要だ。
    「私たちのような小規模ベンチャーが、そこまでの情報インフラすべてを単独で用意するのは無理です。そこで信頼できるパートナーを探している時に出会ったのが、ケイ・オプティコムさんでした。そのSaaSクラウド基盤サービス『医療クラウド』こそ、まさに私たちが求めていたサービスだったのです」と、山口氏。
    『医療クラウド』を活用することで、『医歩(ippo)』は導入時のコストがわずか35万円、月額利用料も5万円以下で利用できる。同レベルの電子カルテシステムをクリニックが自前で導入する場合、初期投資が最低数百万円を下らないことを考えれば、そのコストメリットの大きさが分かるはず。コストパフォーマンスの高さが評価され、『医歩(ippo)』はサービス立ち上げ以来まだ3年も経たないが、北は北海道、南は沖縄まで全国30カ所以上で導入されている。

  • 北海道栗山町役場でも採用

    『医歩(ippo)』は昨年、北海道栗山町役場でも導入された。地域の中核病院と役場、保健師の間での情報共有を進め、町民の健康づくりに役立てるシステムとしてである。「この取り組みは、自治体主導により地域医療サービス充実のモデルケースとして、北海道庁からも注目されています」と、山口氏は寄せられた期待の大きさを語る。
    「システムをご提供する私たちの本拠地は関西で、ご利用いただくお客さまが北海道と距離は離れていますが、何不自由なくお使いいただけるのがクラウドサービスの良いところです。これまでのところ通信状況を含めて問題は起こっていません」と、株式会社ケイ・オプティコム法人・公共事業推進本部の沼田光弘はクラウドならではのメリットを語る。
    質の高い医療を効率的に提供するカギは、情報プラットフォームにある。ケイ・オプティコムの『医療クラウド』が、これからの医療システムを力強くサポートしていく。

    電子カルテサービス『医歩(ippo)』は、栗山町役場など遠方の自治体でも導入されている

    写真左から、栗山町の十河真弓氏、小野司氏、メディカルアイの山口典枝氏と打ち合わせをするケイ・オプティコムの沼田光弘


  • ネットワーク構成

    ネットワーク構成イメージ


メディカルアイ株式会社 様 導入サービス

お客さまのご要望に応じた独自のSaaSクラウド基盤を設計、構築および運用サポートを行うトータルソリューションサービス。

  • 医療クラウド



お客さまプロフィール

メディカルアイ株式会社

東京都港区西新橋1丁目2-9
日比谷セントラルビル14F
TEL. 03-5532-8976
http://www.medical-i.jp

メディカルアイ株式会社は、2007年創業。医療機器メーカーおよび医薬品卸メーカーと医師をつなぐ会員制サイト『m3.com』を運営するエムスリー株式会社を株主に持つ統合医療情報ソリューション・プロバイダーである。『医歩(ippo)』のプロモーションも『m3.com』上で行われており、その明快なメリットが受けて、依頼主であるクリニックの医師とオンライン上のやり取りだけで契約に至るケースも出ているという。

お客さまの声

メディカルアイ株式会社
代表取締役
山口 典枝 氏

お客さまに自信を持ってお勧めできるシステムです

メディカルアイ株式会社
代表取締役
山口 典枝 氏

電子カルテの取り扱いでは、厚生労働省、経済産業省、総務省による『医療情報システムに関するガイドライン』に定められた規約に従う必要があります。そもそも、その厳しい規約をクリアできる企業は、そう多くはないでしょう。さらにケイ・オプティコムさんは、長年電力インフラを担ってきた関西電力の系列会社であり、その事業永続性は折り紙付きです。電子カルテをお預かりする以上は、半永久的な保存体制が整えられていることが大前提となります。コスト面、通信インフラの充実ぶりからスタッフの皆さんの医療システム関連知識の豊富さまですべて含めて、理想のパートナーに恵まれたことを頼もしく思っています。



初回掲載:2011年5月(更新:2013年10月)

導入事例TOP | 目的・課題から探す | 業種から探す | 導入サービスから探す


  • ページの先頭へ

サービス内容に関する
ご相談・お問い合わせ

通話無料のフリーコール0120-944-345 受付時間:9:00〜17:00(土日、祝日、12/29〜1/3、5/1除く)

お問い合わせ・資料請求

ユーザーサポート