記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

HOME > CSRへの取り組み > コンプライアンス活動の推進|各職場における啓発活動と自律的な取り組みの推進

CSRへの取り組み

コンプライアンス活動の推進

「企業倫理の確立」と「法令等社内外のルールの遵守」は、企業が社会に存在する上で要求される責務であり、ケイ・オプティコムは、これらをすべての活動の基盤として、確実に実践します。また、これらの実践を保証するための仕組みを構築し、その維持・改善を図ります。

各職場における啓発活動と自律的な取り組みの推進

ケイ・オプティコムでは社内規程等のルールを定め、コンプライアンス活動を推進するための体制を整備しています。コンプライアンス相談窓口を設置しているほか、従業員への意識付けのための研修をはじめとしたさまざまな活動を実施しており、不祥事や事故の未然防止、企業信頼度の向上を図っています。

コンプライアンス推進体制

ケイ・オプティコムでは社内規程等のルールの整備を図るとともに、コンプライアンス活動を推進するための体制を整備し、「コンプライアンス活動計画」に基づき活動の推進を図っています。また、定期的に個別具体的なコンプライアンス活動の審議・承認、実施状況のチェック・レビューなどを行う「コンプライアンス部会」を開催しています。
具体的には、コンプライアンス相談窓口を設置しているほか、従業員への意識付けのための研修をはじめとしたさまざまな活動を通じて、不祥事や事故の未然防止、企業信頼度の向上を図っています。

「コンプライアンス指針」の制定について

ケイ・オプティコムは2004年11月に「コンプライアンス指針」を制定しています。
この指針は、社員のコンプライアンスに対する意識を高揚し、コンプライアンスの徹底を図るため、ケイ・オプティコム独自の視点からコンプライアンスに関する留意点について、具体的な行動規範、想定される事例、解説などをとりまとめたものです。
また指針作成と同時に、従業員がコンプライアンスの観点から疑問を持った場合に相談できる窓口として「コンプライアンス相談窓口」を社内(総務グループ)および社外(弁護士事務所)に設置し、広く相談を受け付けています。

ケイ・オプティコム コンプライアンス相談窓口 フロー図

コンプライアンスへの意識啓発について

ケイ・オプティコムでは役員層、管理者層などを対象としたコンプライアンス研修を階層別に実施し、近年の社内外のコンプライアンス事例の紹介や事例を用いたディスカッションなどの取り組みを実施しています。

また全社員を対象に「コンプライアンス事例研修」を実施し、職場内での自主的な啓発活動につなげています。本研修は各職場での業務において潜在化しているリスクを再認識し、改善を推進することを目的としています。

ページの先頭へ