記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

HOME > プレスリリース > 2017年プレスリリース

プレスリリース

2017年プレスリリース

  • News Release

LPWA無線技術を活用したIoTサービスの提供開始について 〜屋外における広域でのデータ収集や遠隔での機器制御にも対応〜

2017年6月7日
関西電力株式会社
株式会社ケイ・オプティコム
日本マイクロソフト株式会社

関西電力株式会社(以下、関西電力)、関西電力グループの株式会社ケイ・オプティコム(以下、ケイ・オプティコム)はこの度、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)と協力し、屋外における広域でのデータ収集や遠隔での機器制御等に対応する、LPWA無線技術(LoRa方式)を活用したIoTサービスを開発し、2017年7月より、お客さまにてIoT導入による効果検証等を簡単かつ安価に実施いただける実証環境をご用意するため、PoCサービス※1の提供を開始することとしました。

本サービスでは、関西電力グループの施設等に通信基地局を設置することで、屋外、広域でのデータ収集が可能です。また、上り通信だけでなく、下り通信にも対応した無線通信機器を採用しており、遠隔、双方向で機器制御等が可能であることから、LPガスメーターの遠隔検針・遮断弁の制御といった広いフィールド環境における双方向通信を要するニーズに対応することができます。さらに、データの収集・分析には、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォームサービスMicrosoft Azure※2を活用することで高い拡張性※3とセキュリティを確保しつつ、AI等の機能と組み合わせることで、さまざまなニーズに迅速に対応することができます。

関西電力グループおよび日本マイクロソフトは、PoCサービスの提供を通じて、IoTに求められる機能等の技術検証をさらに進めるとともに、IoTのニーズやビジネス性の検証を行い、2018年度に本格展開することを目指して取り組んでまいります。

  • ※1:Proof of Concept(概念実証)
    IoT導入による効果を確認いただくための簡易な実証環境を提供するサービス
  • ※2:Microsoft Azure(マイクロソフト アジュール)
    「データを収集する」「分析する」「見える化する」「通信端末を管理する」といった、IoTにおいて共通的に必要となる機能を揃えたクラウドプラットフォームサービス
  • ※3:お客さまのニーズに合わせ、データの保存容量等を迅速に変更することが可能

ページの先頭へ