記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

HOME > ユニバーサルサービス料について

ユニバーサルサービス料について

ユニバーサルサービス制度に関するQ&Aはこちら

ユニバーサルサービス料について

1.ユニバーサルサービス基金制度とは

「ユニバーサルサービス制度」とは、NTT東日本およびNTT西日本が提供しているユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報などの国民生活に不可欠な電話サービス)を全国で公平かつ安定的に利用できる環境を確保するため、必要な費用を一定規模以上の電話会社で応分負担する仕組みです。詳細はユニバーサルサービス支援機関(一般社団法人 電気通信事業者協会)のホームページ(http://www.tca.or.jp/universalservice/)をご参照ください。

2.ユニバーサルサービス料について

  • 弊社は、電気通信事業法に定められた電話の「ユニバーサルサービス制度」の開始に伴い、弊社の電話サービスなどをご契約いただいているお客さまに、2007年1月ご利用分から毎月、下記の「ユニバーサルサービス料」を請求しております。
  • 弊社は、お客さまに「ユニバーサルサービス料」として、ユニバーサルサービス支援機関が公表した1電話番号当たりの単価(以下「番号単価」といいます。)をお客さまにご負担いただき、その負担金をユニバーサルサービス支援機関に納めています。納めた負担金は、ユニバーサルサービス支援機関を通じて、NTT東日本およびNTT西日本へ交付されます。
  • ユニバーサルサービス料は、ユニバーサルサービス支援機関によって原則として、年に一度(毎年1月)番号単価が見直しされるため、その内容に応じてお客さまにお支払いいただく料金が変更される場合があります。 改定後のユニバーサルサービス料については、当該ホームページなどにおいて事前にお知らせいたします。
    なお、番号単価については、ユニバーサルサービス支援機関のホームページ(http://www.tca.or.jp/universalservice/)にてご確認ください。

【ユニバーサルサービス料】

単位 番号単価(月額・税込み) 適用期間
1電話番号当たり 2.16円 2017年1月から6月ご利用分
3.24円 2017年7月からご利用分

【過去のユニバーサルサービス料】

単位 番号単価(月額・税込み) 適用期間
1電話番号当たり 7円 2007年1月から6月ご利用分
2007年7月から12月ご利用分
6円 2008年1月から6月ご利用分
2008年7月から12月ご利用分
2009年1月ご利用分
8円 2009年2月から6月ご利用分
2009年7月から12月ご利用分
2010年1月から6月ご利用分
2010年7月から12月ご利用分
2011年1月ご利用分
7円 2011年2月から6月ご利用分
2011年7月から12月ご利用分
5円 2012年1月から6月ご利用分
3円 2012年7月から12月ご利用分
2013年1月から6月ご利用分
2013年7月から12月ご利用分
2014年1月から3月ご利用分
3.24円 2014年4月から6月ご利用分
2014年7月から12月ご利用分
2.16円 2015年1月から12月ご利用分
2.16円 2016年1月から6月ご利用分
3.24円 2016年7月から12月ご利用分

3.対象サービス

個人向けサービス
eo光電話
(050ナンバープラスも含みます。)
eoモバイル 3G(7.2Mコース/21Mコース)
法人向けサービス
光電話オフィス
(追加番号サービスも含みます。)
オフィスeo光電話
(追加番号サービスも含みます。)
ビジネスモバイル 3G(7.2Mコース/21Mコース)
ビジネスモバイル LTE
IPフォン
IPセントレックス
携帯電話サービス
mineo(シングルタイプ、デュアルタイプ)
+SIM
LaLa Call
ビジネスLaLa Call

4.その他

ユニバーサルサービス支援業務の制度などにつきましては、以下関連リンクをご参照ください。

ユニバーサルサービス制度に関するQ&A

1.電話に関するユニバーサルサービスとは、どのようなサービスですか?

電話に関するユニバーサルサービスとは、法律(電気通信事業法第7条)において、「国民生活に不可欠であるため、あまねく日本全国における提供が確保されるべき」と定められているサービスです。
具体的なサービスとしては、

  1. 加入電話サービスのうちの加入者回線(基本料)、特例料金が適用される離島通話および警察110番・海上保安庁118番・消防119番の緊急通報
  2. 公衆電話サービスのうちの社会生活上の安全および戸外での最低限の通信手段を確保する観点から設置される第一種公衆電話について、当該公衆電話から利用可能な市内通話、特例料金が適用される離島特例通話および警察110番・海上保安庁118番・消防119番の緊急通報

が対象とされています。

2.ユニバーサルサービス制度とは、どのような仕組みなのですか?

ユニバーサルサービス制度は、NTT東日本・西日本が提供しているユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報などの国民生活に不可欠な電話サービス)を全国で公平かつ安定的に利用できる環境を確保するため、必要な費用を一定規模以上の電話会社で応分負担する仕組みです。
なお、このユニバーサルサービス制度は、2007年1月から開始されることになりました。

3.ユニバーサルサービス制度が必要なのですか?

ユニバーサルサービスの提供の確保はNTT東日本・西日本に対し法律上の責務とされ、これまでは、NTT東日本・西日本の負担によってユニバーサルサービスが維持されてきました。しかし、携帯電話やIP電話の普及および、電話サービスの競争の進展などにより、山間地をはじめ採算がとれない地域では、NTT東日本・西日本の負担だけではユニバーサルサービスの提供を確保することが困難となることが懸念されています。このため、引き続き、地域の格差なく全国どの世帯でも公平で安定的にユニバーサルサービスを利用できるよう、ユニバーサルサービスの提供の確保に必要な費用をNTT東日本・西日本だけでなく、それ以外の電話会社も応分に負担する仕組みとして、ユニバーサルサービス制度が導入されました。

4.ユニバーサルサービスの提供確保のために必要な費用は、私たちが支払う料金と関係があるのですか?

弊社は「ユニバーサルサービス料」として、2007年1月ご利用分から毎月、弊社電話サービスなどの毎月のご利用料金と併せて、ユニバーサルサービス支援機関が公表した1電話番号当たりの単価を請求いたします。
弊社は、お客さまからいただいた「ユニバーサルサービス料」を負担金としてユニバーサルサービス支援機関に支払うことといたします。また、支払われた負担金は、ユニバーサルサービス支援機関を通じて、NTT東日本・西日本へ交付されます。なお、1電話番号当たりの単価は一年に一度(1月)見直しされるため、その内容に応じてお客さまにお支払いいただく「ユニバーサルサービス料」が変更される場合があります。変更された場合には、改めてお客さまに告知させていただきます。

※月の途中で電話サービスなどを開始または解約された場合の取扱い

  1. 個人向けサービス(eoモバイル 3Gを除きます。)のお客さまに対しては、利用開始の翌月から請求し、解約された場合は、解約月については1カ月分を請求いたします。
    (eoモバイル 3Gのお客さまに対しては、利用開始月については1カ月分を請求し、解約月は請求いたしません。)
  2. 法人向けサービス(ビジネスモバイル 3Gを除きます。)のお客さまに対しては、開始月または解約月とも日割り料金を請求いたします。
    (ビジネスモバイル 3Gのお客さまに対しては、利用開始月については1カ月分を請求し、解約月は請求いたしません。)
  3. 携帯電話サービスのお客さまに対しては、月の途中での開始、解約に関わらず、その料金月の末日においてご契約いただいている場合に、1カ月分を請求いたします。

5.請求対象となるサービスは?

対象サービスはこちらのとおりです。
なお、弊社電話サービスなどを複数ご契約いただいている場合、あるいは一つの電話サービスなどで複数の電話番号をご契約(eo光電話サービスに050ナンバープラスを追加した場合など)いただいている場合は、そのご契約されている電話番号の数に応じてご負担いただきます。
ただし、020番号(M2Mサービス専用番号)については、省令によりユニバーサルサービスに係る負担金の対象外となります。

以上

ページの先頭へ