記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

HOME > プレスリリース > 2017年プレスリリース

プレスリリース

2017年プレスリリース

  • News Release

在宅ワークでインバウンドの課題を解決
「クラウド通訳」の有料トライアル実施について

2017年1月23日
株式会社ケイ・オプティコム

株式会社ケイ・オプティコム(以下ケイ・オプティコム、代表取締役社長:藤野 隆雄/本社:大阪市北区)は、クラウドソーシングを活用した映像通訳サービス「クラウド通訳」を、2017年1月23日(月)より有料のトライアルサービスとして開始することといたしました。

1.背景と目的

ケイ・オプティコムでは、主力サービスとして、個人向けFTTHサービス「eo光(ネット・テレビ・電話)」、法人向けサービス「ビジネス光」「オフィスeo光」、MVNOサービス「mineo」を展開しており、2016年4月には電力小売サービス「eo電気」をスタートしております。ケイ・オプティコムでは、これらのサービスに加え新たな事業の柱を築くため新規事業を積極的に開発していく「事業開発推進室」を設置いたしました。その「事業開発推進室」から初のサービスとして「クラウド通訳」を開始いたします。

2016年の訪日外国人数は、前年比21.8%増の約2,403万人となりました。海外から多くの観光客が来訪している中、店舗側、観光客側ともに「言葉が通じないこと」に不便さを感じています。小売店舗などにとっては、インバウンド観光客対応のための一般的な通訳サービスの料金は高額で、導入のハードルが高いという課題があります。

一方で、人口が減少し今後ますます労働力確保が難しくなる中で、長時間拘束される働き方は子育て世代などでは選択が困難なことも社会的な課題となっております。

「クラウド通訳」では、新しい働き方として注目されるクラウドソーシングを活用し、専用のコールセンターをもたずにクラウド上でサービスを提供することで、安価な通訳サービスを実現します。これにより、インバウンド対応の環境整備と、在宅での就労機会創出の両面から地域社会に貢献してまいります。

本有料トライアルにて得られる、対応言語や通訳受付時間などのお客さまニーズにお応えすることで、本格サービスへとつなげていきたいと考えております。

クラウド通訳とはテレビ電話でネット上で働く「通訳さん」を呼び出せるサービスです

2.有料トライアル概要

◆名称:
クラウド通訳
クラウド通訳logo
◆期間:
2017年1月23日から受付開始
◆対象:
法人向けサービス(BtoB)
◆対象地域:
日本全国
◆通訳受付時間:
9:00〜21:00
◆対応言語:
英語・中国語(北京語)・韓国語
◆初期費用:
10,000円(1〜10IDまで)
*11台目以降10台ごとに初期費用が追加となります。
◆料金プラン:
(1)60分プラン : 5,000円/月
(2)使い放題プラン : 12,000円/月
◆端末レンタル費用:
1,000円/台・月

ケイ・オプティコムでは、2016年4月に、城崎温泉(兵庫県豊岡市)で本サービスの無料トライアルを実施いたしました。城崎温泉の外湯、お土産店や飲食店などの協力によりクラウド通訳の検証を実施し、大変ご好評をいただきました。また、2016年10月には、海外からの参加者が年々増加している大阪マラソンにおいて試験運用を実施し、海外からの参加者に体感していただきました。

これら2回の無料トライアルの評価・反省を踏まえ、今回有料トライアルとしてサービス提供を開始いたします。

有料トライアルに向けた試験導入として、株式会社パルコ様にて「クラウド通訳」を運用いたします。株式会社パルコ様の中でも、外国人旅行者比率が最も高い札幌PARCOのインフォメーションデスクおよびテナント店舗にて、1月27日(金)より運用を開始いたします。

本サービスは、株式会社うるるBPOおよびFacePeer株式会社との連携により、その場に通訳者がいるようなスムーズな通訳か可能となりました。無料トライアル時には英語のみの対応でしたが、本サービスでは英語・中国語・韓国語の3カ国語に対応することで、より多くの外国人観光客に対し柔軟な対応を実現しております。

株式会社うるるBPOおよびFacePeer株式会社との連携により、スムーズな通訳が可能

3.サービスサイト

URL: http://www.k-opti.com/co-creation/crowdtsuyaku/

  • *:Wi-FiはWi-Fi Allianceの登録商標です。
  • ※:日本政府観光局(JNTO)「訪日外客数」(2016.1〜12月末)

以上

<参考>各社概要・導入事例

各社概要

■株式会社ケイ・オプティコム
(1)代表者名:藤野 隆雄
(2)所在地:大阪市北区中之島3丁目3番23号中之島ダイビル
(3)設立日:1988年4月2日
(4)主な事業内容:電気通信事業、有線一般放送事業、小売電気事業、電気通信および有線一般放送に関する機械器具および設備の設計、設置、販売、割賦販売、賃貸および保守、運用
(5)URL:http://www.k-opti.com/
■株式会社うるるBPO
株式会社うるるBPOロゴ
(1)代表者名:桶山 雄平
(2)所在地:東京都中央区晴海3丁目12-1 KDX晴海ビル9F
(3)設立日:2014年10月1日
(4)主な事業内容:データ入力やスキャニングを中心とした総合型アウトソーシング事業
(5)URL:https://www.uluru-bpo.jp/
●『外出から在宅ワークまで、主婦や副業向けのクラウドソーシング「シュフティ」』
クラウドソーシングサービス「シュフティ」イメージ
 「シュフティ(http://www.shufti.jp/)」は、2007年にサービスを開始した老舗の主婦向けクラウドソーシングサービスです。再就職を目指す主婦や、育児中でも社会とつながるために事務職などで働きたいと考える主婦が、パソコンやスマートフォンを使って「クラウド事務職」として働くことを実現する、在宅ワークマッチングを行ってきました。また、この数年は、自治体の一人親支援事業などでクラウドワークの啓蒙普及にも努めてきました。現在は、PCやスマートフォンで行える在宅での仕事のほか、屋外でも出来る仕事のマッチング機能「シュフティ外出」などを提供し、より多くのクラウドワーカーのためのお仕事マッチングのプラットフォーム化を進めています。
■FacePeer株式会社
FacePeer株式会社ロゴ
(1)代表者名:多田 英彦
(2)所在地:東京都港区赤坂8-5-40 ペガサス青山230
(3)設立日:2015年7月7日
(4)主な事業内容:Web上でのFace to Faceコミュニケーションプラットフォーム『FaceHub(フェイスハブ)』の設計・開発・販売及び運用
(5)URL:https://www.face-peer.com/
「FaceHub(フェイスハブ)」イメージ
●BtoBtoCに特化した新しいビデオチャットプラットフォーム「FaceHub」について
FacePeerは「対面コミュニケーションでインターネットをもっと便利に!もっと安心に!」というミッションの下BtoBtoCに特化した新しいビデオチャットプラットフォームとして「FaceHub」を開発し、2015年7月より提供を開始しています。ビデオチャットを利用した類似サービスは多くありますが、そのほとんどがアプリケーションで提供されていたり、ピアツーピアでの接続のため、サービス利用時にアプリのインストールやアカウントの取得が必要になったり、企業利用で必要な機能が提供されていないなどの課題があります。FaceHubでは、WebRTCに独自技術を掛け合わせることで、インストール&アカウント不要、ブラウザ上でURLを1クリックするだけで簡単に利用できるうえに、会話内容の管理監視や録画録音、音声の自動文字起こしなどの豊富な機能の提供を実現しています。さらに「1対1」の通信はもちろん「1対多」「多対多」の複数人での通信にも対応しているため、企業担当者と顧客のコミュニケーションにおけるさまざまな課題を適切に解決することができます。

有料トライアルに向けた試験運用(導入事例)

株式会社パルコ様店舗写真

株式会社パルコ様

株式会社パルコlogo

東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス

http://sapporo.parco.jp/

パルコグループの事業は、商業施設「PARCO」を運営する「ショッピングセンター事業」を中心に、個性あふれる専門店を自ら運営する「専門店事業」、内装やビルの管理を行う「総合空間事業」、そしてエンタテインメント事業やITを活用した顧客コミュニケーションサービスを行う「その他の事業」の4事業から構成されています。4つの事業で培ったトータルプロデューシング力を活かし、パルコグループ内のシナジーの最大化を目指すとともに、グループ以外の市場に向けても力を発揮できる体制を構築し、その拡大に注力しています。

◆期間:
2017年1月27日(金)〜2017年2月28日(火)
◆導入店舗:
札幌PARCO(北海道札幌市中央区南1条西3丁目 )
B2F インフォメーションカウンター、1F BAO BAO ISSEY MIYAKE、1F サマンサタバサ

http://sapporo.parco.jp/

◆通訳受付時間:
9:00〜21:00
◆対応言語:
英語 ・中国語(北京語)・韓国語
◆内容:
外国人のお客さまの接客会話の通訳

株式会社パルコ様では、2017年1月27日(金)より、PARCOの中でも外国人旅行者比率が最も高い札幌PARCOにおいて、「クラウド通訳」の試験導入を予定しております。外国人旅行者のご利用が多いインフォメーションカウンターと該当ショップにて、外国人のお客さまがいらっしゃった際に、ショップに設置している専用端末(スマートフォン)より通訳者を呼び出し、お客さま・スタッフ・通訳者の3者で通話いただくことで、日本語のわからない外国人旅行者とも円滑なコミュニケーションを図ることが可能となります。
2月末までの間は、実際にご利用いただいたお客さまや店舗スタッフからのご要望などを検証し、他言語の追加検討や他店舗での展開に向けたサービス改善などを実施していきます。

「クラウド通訳」の活用イメージ

ページの先頭へ